S
C
R
O
L
L
ワックオンの選べるお問い合わせ

【理想のパンツをオーダー】
こだわりカスタムを徹底解説

野球のパンツは白いデザインで十分、どれも一緒と思っていませんか?
パンツもこだわってオーダーすれば、今よりも完璧なコーディネートになること間違いありません。
ワックオンのオーダーパンツはカスタム内容が満載です。
オーダーの仕方とそのポイントを解説します。

ワックオンのこだわり【パンツ専用生地】

ワックオンのパンツは伸縮性と耐久性が抜群でパンツ用の生地として開発された専用生地を使用しています。

【生地の特徴:伸縮性抜群】

ストレッチ性のある糸で織り込むことでベースボールパンツに理想的な伸縮性を再現しました。
どんな動きや姿勢でもストレスなく選手のパフォーマンスをサポートします。

【生地の特徴:耐久性抜群】

程よい厚めの生地は耐久性が向上し擦れなどによる生地破れがしにくく選手をケガから守ります。
生地は厚くても通気性が良く蒸れる事は無く快適な履き心地です。

【汚れが落ちやすい】

生地の織目が細かく泥汚れが繊維の奥まで入りにくい為、洗濯の際には汚れが落ちやすいメリットがあります。
一番汚れやすいパンツには嬉しい機能です。

こだわりのカスタム方法

①生地カラー

ワックオンのパンツ豊富なカラーバリエーションを用意しています。
一番人気の「白」については
ホワイト・オフホワイト・アイボリーの3種が揃っています。
また、人気のグレーもライトグレー・ダークグレーの2種類を用意しています。
シャツに合わせやすいストライプ規格も豊富に用意しています。

②ラインテープ加工

パンツのアクセントに不可欠なラインテープ
無地のパンツにライン加工を加えるだけで効果的なアクセントが生まれます。
あまり装飾を加えないパンツだからこそラインテープにはこだわってもらう為に種類は豊富に揃えています。

豊富なラインテープのバリエーション。

太さをアレンジするだけで表情がガラッと変化します。

テープを縫付ける事で厚みの高低差で立体感のメリハリ効果も演出します。

③配色カラーのコントラスト

パンツの側面部分を色の異なる生地を縫継ぐカラーコントラストのカスタム加工です。
ラインテープ加工とは異なる「面」を活かした表現の装飾です。
逆三角形の装飾柄が代表的ですが長さなど形状によってデザインの印象は異なります。

・トライアングル(ショート・ミデアム・ロング)

トライアングルのシャープなシルエットがスタイリッシュ感を演出しています
三角形のサイズや2等辺形状・直角三角形形状など種類は豊富です。
サイズやカラーのアレンジ次第でいろいろなカスタムが可能です。

・シィクライン(太い線)

大胆なシィクラインは力強い印象の切り返しパターンです。

差替えカラーは充実。
Mニット生地を使用するのでカラーは豊富に対応可能です。

④プリントで表現自由

昇華プリント加工をする事で規格に無いカラーや迷彩など総柄のデザインも可能です。
今までのようなシンプルなパンツでは物足りないこだわり派にはお勧めのカスタマイズです。

⑤補強パッド

スライディング上等!ハッスルプレー派には補強パッドの加工がお勧めです。
破れたパンツではケガの恐れもありますし、穴の開いたパンツでは試合には挑めません。
膝パッド(右用・左用)・ヒップ(右用・左用)自分に合った箇所へ補強を施しましょう。

⑥パンツにも番号を入れる

プロ仕様のようにパンツにも背番号と同じ番号のマーキングが可能です。
試合用のパンツには番号付きの特別な仕様にする事でモチベーションが高まります。
番号以外にもマークなどの追加装飾が可能です。

⑦個々で選べる4種のスタイル

レギュラー・ショート・ロング・ストレートの4スタイルからお選び頂けます。

・代表的なシルエット「レギュラー」スタイル

いつまでも変わらない野球パンツの定番的スタイル。
パンツ丈がスネの位置までの形状で、ストッキング(靴下)と一緒に織り込んで履くこだわり派が好むスタイルです。
クラシックスタイルとも呼ばれています。

・躍動感あふれる印象「ショート」スタイル

レギュラースタイルよりも更に10㎝短く膝下の位置でストッキングと織り込んで履く「ショートスタイル」です。
レギュラーよりも短くストッキング部分を長く見せる事で躍動感を感じさせます。
三遊間の守備や走塁を得意とする機敏なプレースタイルの方が好むスタイルです。

・個性派の着こなし ジョガーシルエット「ロング」スタイル

くるぶし位置で絞られた形状の「ロングスタイル」です。
ゴムで絞られているので裾が気にならないのでプレーに専念できます。
比較的クラシカルなパンツスタイルです。

・スタイリッシュな着こなし 流行りの「ストレート」スタイル

形状は裾にかけて絞っておらず、丈はかかとの位置まで「ストレート」スタイル
裾がめくれないように裾部分に付いているゴムをスパイクにかけて履きます。
足が長く見えるスタイリッシュなシルエットは近年流行っているスタイルです。




定番のスタイルから流行りのスタイルまで自分の好みでお選びください。
選手のプレースタイルのイメージを左右するほど大事なシルエットです。
自分に合ったスタイルをカスタムしてください。

*セットアップでパンツのデザインを作るコツ

パンツの色はどんなシャツにも合わせやすい白色を採用するケースが圧倒的に多いです。
セットアップするシャツと相性の良いパンツにするには
シャツのカラーをパンツの差し色として取り入れる。
シャツやキャップのデザインを邪魔しないように控えめなシンプルデザイン
この点を心がけるとまとまりの良いセットアップのパンツとなります。