S
C
R
O
L
L
ワックオンの選べるお問い合わせ

野球オーダーユニフォーム 刺繍と昇華の違い 選び方

野球ユニフォームのスタイルにはMLBのユニフォームのような刺繍加工でマーキング加工した「刺繍タイプ」
そして、迷彩柄のような全面柄が可能な生地にプリント加工した「昇華タイプ」
この2つのスタイルに分類されています。

近年の野球ユニフォームは昇華プリントで作った色鮮やかで高画質なデザインが増えてきました。
しかし、シンプルで野球ユニフォームらしい刺繍ユニフォームも根強い人気があります。

「刺繍タイプ」と「昇華タイプ」の人気が分かれるのには理由があります。
こちらでは「刺繍タイプ」と「昇華タイプ」の違いとそしてメリットとデメリットを徹底解説していきます。

刺繍タイプのユニフォームとは

プロ野球やMLBで採用されている正統派の野球ユニフォームスタイルです。

胸や背番号のマーキングを刺繍加工した高級感が特徴です。 胸のマーキングを引き立たせるためにシャツには柄などはなく全体的にシンプルでまとめているのが特徴です。

刺繍タイプのメリット

豊富なカスタマイズ素材

先染め生地の風合い、装飾パーツのカスタマイズによってお好みのユニフォームに仕上げていく工程もオーダーメイドの楽しみ方と言えます。
配色が異なる生地を組み合す事によって色鮮やかなデザインを演出し、織目の異なる生地を組み合す事によって新たな印象と機能性が生まれます。
装飾パーツの組み合わせでは自分好みのカスタマイズでこだわりのデザインを組み立てる事が可能です


仕上りの質感と高級感

刺繍加工したマーキングは圧着加工と異なり半永久的に剥がれる事がなく耐久性は抜群です。

マーキングの刺繍加工は高品質なクオリティーで刺繍ならではの凹凸感は高級感のあるユニフォームを演出します。
装飾パーツのラインテープ加工や異なる生地の組み合わせはユニフォームを華やかに演出しより高級感を高める役割を担っています。

刺繍タイプのメリットは
シンプルで正統派のデザインを自分好みの生地そしてパーツを使ったカスタマイズが豊富である事と
高品質な刺繍マーキングによって高級感のあるユニフォームとなっている事です。

刺繍タイプのデメリット

デザインの制限

シンプルなデザインは得意であっても柄が含まれるデザインに対しては対応ができません。
無地の生地を使用する刺繍タイプはデザインの再現に制限がある事を理解しておきましょう。

・追加マーキングは有料である

こだわりを追求すると袖にワッペンを追加し正面にも番号を付けたくなります。
このようにユニフォームに付けるマーキングが増えてきます。
ここで注意しなくてはいけないのは刺繍マーキング1点ごと手作業でセットして加工を行います。
その為、加工毎に工賃が発生しているという現実です。
ワックオンの価格設定は「胸マーク」「背番号」「背ネーム」「袖(地域)」まではセット価格に含まれておりますがそれ以上の追加マークについては有料オプションとなりますのでご注意ください。

昇華タイプとは

プリント加工でデザインされたユニフォームスタイルです。
全面柄や迷彩柄、そしてグラデーションなどデザインの制限がなくどのようなデザインでも高画質で鮮やかな発色が可能です。
とても軽量で吸水速乾性が高く常に快適な着心地を維持できる事も昇華ユニフォームの特徴です。

昇華タイプのメリット

デザインの制限はなく自由度が広い

繊細で非常に細かな柄やたくさんの配色やグラデーションの陰影を含むどんなデザインでも再現が可能です。

また、写真のようなデザインも驚くほど高画質で色鮮やかな発色で再現します。

機能性と軽量な着心地

生地の表面だけを転写染色する技術なのでごわつかず驚くほど軽量です。

素材の特性が損なわれる事が無いので吸水速乾性と通気性などのスポーツユニフォームに求められる機能がそのまま生かされています。

マーキングが増えても価格は同じ

プリント加工の為、どこに何個マーキングを付けても製品価格は変わる事はありません。
袖のマーキングや前番号などが付け放題です。
安価なのも人気の理由です。

昇華のデメリット

質感 / 高級感に欠ける

プリント加工の理由から質感の物足りなさを指摘した「ペラペラしている」「作りが安っぽい」さらには「野球ユニフォームらしくない」刺繍と比べるとこんな意見が挙がります。
野球は歴史ある伝統のスポーツなので野球らしさを好む派から見ると物足りなさを感じるのかもしれません。

刺繍と昇華ユニフォームを見比べてみる

今回、同じデザインのユニフォームを刺繍加工と昇華加工でそれぞれ作り分けてみました。
同じデザインでも加工方法が違うとどうなるのか?実際に比較してみましょう。

マーキングの印象

遠目からだと同じデザインなので大きく違いは見受けられません。
接写で見ると刺繍マーキングとプリントの違いは立体感が異なり一目瞭然です。
昇華プリントはやはり平面的で刺繍方が立体感があり高級感は勝ります。
しかし、昇華タイプは平面であるが同時に軽快感やカジュアル感を演出できると捉える事もできるのではないでしょうか。

ラインテープを見比べる

マーキング同様、接写で見比べると刺繍タイプは生地の上に後加工で縫付けたラインテープの立体感がリアルに伝わり質感が伝わります。

生地の風合いを見比べる

こちらは刺繍タイプと昇華タイプの両方対応できる生地「クールナイン」の表面接写です。
右が先染め規格で刺繍タイプに使われている生地表面です。
左はクールナインに昇華プリント加工を施した生地表面です。
同じ生地ですが昇華プリントを加工する際に高温で圧力をかける為表面の表情が多少変化します。

刺繍ユニフォームを選ぶ理由

・プロ野球と同じ刺繍マークで本物感のユニフォームを着てみたい
・憧れの刺繍マーキングで加工した高級感たっぷりのユニフォームに憧れていた

理由の多くは「野球と言えば刺繍タイプ」と言うように野球らしさの憧れや思いが理由になっているケースが多く
「初めから刺繍タイプと決めていた」そんな愛着の熱量が高く、野球ユニフォームに対してノスタルジックな思いがあるユーザーが多いようです。

昇華タイプを選ぶ理由

・迷彩などのカジュアルなデザインのユニフォームを希望している
・背番号以外に前番号や袖にマーキングを沢山付けたい
・野球ユニフォームの概念に縛られないユニフォームを試したい独創的なユニフォームを作りたいチーム
・価格を安く押さえたい

独創的で自由なデザインを求めデザイン重視の結果、昇華の仕様に行き着くケースが多いようです。
また、価格重視な点も需要な決め手です。