はじめてのトレーニング【キャッチャー編】's image

はじめてのトレーニング【キャッチャー編】

草野球でキャッチャーを目指すには、様々な能力が求められます。

確実な送球と強い肩。それに加えて強靭な足腰と素早い動き、ボールを怖がらない勇気など、多くの要素が必要とされます。

今回は、キャッチャーを始めたばかりの方に必見のトレーニング法をご紹介します。





1.防具をつけてランニング

キャッチャーの重い防具をつけると、なかなか自由に動くことができません。
そのため、まずは防具に慣れることが大切です。

防具の重さと動きづらさに慣れるよう、装着したままランニングやキャッチボールをしましょう。

また、キャッチャーは上下の動きがとても多いので、ランニングに慣れてきたら、ジャンプをしたりしゃがんだりする動きを加えてみてください。







2.下半身の強化


下半身の強化はキャッチャーには欠かせません。

守備の安定に繋がったり、怪我をしにくい身体になります。
キャッチャーの下半身強化の定番は股割りです。

足を肩幅より3、4足分くらい広げ、腰を落とし、その姿勢のまま3~5分キープします。これを3~5セット繰り返します。

このときのポイントは、「膝を足のつま先より前に出ないようにする」ことです。

膝の位置をつま先より手前でキープすれば、自然とお尻が後ろに下がり、下半身に負荷がかかります。

次に、股割りの状態のまま歩く、アヒル歩きです。

足を肩幅よりも1、2足分くらい広げて腰を落とし、前に進みます。歩く距離は塁間の半分の13~14メートルくらいで、これを3~5セット繰り返します。

前に進みづらい場合は、かかと側に体重を乗せすぎていることが多いので、つま先に体重がかかっているか確認してください。

下半身がつらくなってくると、頭の位置が上がってしまうので、頭の位置をキープすることを心掛けましょう。




3.シャドウスローイング

強い送球を身につけるための練習です。

方法は簡単で、右手にタオルを持ってスローイングをします。

これを繰り返し行うと、腕の振りが速くなるので、強いスローイングができるようになります。

ポイントは、試合でキャッチャーの強い送球が必要な場面をイメージして行うことです。

バント処理、盗塁阻止、バックホームからの2塁送球など、その状況にあったフォームでシャドウスローイングをするのが大切です。





4.バッティングキャッチャー


バッティング練習を行うためのキャッチャーです。

座って投げてを繰り返すつらい練習ですが、一番実践に近いため、ボールやバットへの恐怖から目をつぶってしまうことをなくしていく最適の練習方法です。

どの状況で目をつぶってしまうのか、またはどの高さやコースで目をつぶってしまうのかを分析して、意識的に取り組めば効果が得られるでしょう。







5.構えてからジャンプ


まずは正しく構え、ボールを投げてもらったら腰を上げ、そのまま大きくジャンプしてキャッチします。

キャッチャーのフットワークの基本になる、すぐに動ける部分に体重をのせる練習です。

ポイントは、ただ跳ぶだけではなく、ジャンプした後は一度キャッチャーの正しい構えに戻るを繰り返すことです。

最初はボールを使わずに、合図でジャンプをします。慣れてきたら、投げる方向を左右に変えてもらったり、ボールを捕った後に塁へ送球するなどのルールを追加していくと、より効果的な練習になります。






今回はキャッチャーのトレーニング方法についてご紹介しました。

キャッチャーは「扇の要」とも呼ばれるように、守備の選手の中で唯一グラウンド全体を見渡すことができるポジションです。バッターの特徴やその時のシチュエーションに合わせて的確な判断を行い、全体に伝えなければいけません。

そのため、実践的なトレーニングに加え、野球自体や守備体系を知ることはもちろん、味方のピッチャーの性格や得意な球種を知って信頼関係を築き、更には相手バッターの特徴など、様々な研究が必要となってきます。

過酷なポジションではありますが、内野の中心としてリーダーシップを発揮していけるよう頑張ってください!

ピッチャーのトレーニングについては、別記事で紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。


*初めてのトレーニング【ピッチャー編】


Fatal error: Uncaught Error: Call to a member function have_posts() on null in /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-content/themes/wakkuon/singular.php:121 Stack trace: #0 /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/wakkuon/w...') #2 /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/index.php(17): require('/home/wakkuon/w...') #3 {main} thrown in /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-content/themes/wakkuon/singular.php on line 121