はじめてのトレーニング【バッティング編】's image

はじめてのトレーニング【バッティング編】

野球の醍醐味ともいえるバッティング。
ピッチャーが投げたボールをフルスイングで思い切り打ち返すことを想像するだけで、ワクワクする方も多いのではないでしょうか?


今回は、「はじめてのトレーニング〜バッティング編〜」とういうことで、野球をはじめたばかりの方におすすめのバッティング練習法をご紹介します。






1.素振り

素振りはバッティング練習の基本となる方法です。正しいフォームを身につけることが目的です。

素振りを繰り返し、自分の振りやすいスイングを体に覚えさせることを意識してください。

練習の効果を高めるためには、何も考えずに漠然とバットを振るだけではなく、実際の試合を想定するなど、ボールの軌道やコースをイメージしながら素振りを行うことが大切です。

また、体の軸がぶれないようにバランスボールに座りながら振るなど、自分の弱点を補強するために工夫を取り入れるのも効果的です。






2.ティーバッティング

バッターの斜め45度から下手投げでボールをトスしてもらい、ネットなどに向かって打つ練習です。

素振りで作ったフォームを崩すことのないよう意識して行いましょう。

また、バットの芯でボールを捕らえることを意識して、ネットに向かってまっすぐに飛ぶようにバットを振るようにしてください。

ティーバッティングは身体に近い球や遠い球など投げ分けてもらうことで、正しいミート位置で捕らえる感覚を養うことができます。







3.トスバッティング

2人1組になって相手がトスするボールを打つ練習です。

バットの芯でボールを捕らえ、相手にワンバウンドで打球が行くよう正確にコントロールして打ち返します。

これにより、スイングのタイミングとインパクトの位置を確認することができます。

また、ワンバウンドで相手にボールを返さなくてはならないため、ミート力やバットコントロールの向上にもつながります。







4.フリーバッティング

ピッチャーに様々な球種をランダムに投げてもらい、打ち続ける練習です。

ただ単に打ち返すのではなく、投球動作にタイミングを合わせ、自分の理想のフォームで打つことを意識して行うことが大切です。

実践に近い練習なので、ストライク、ボールを見極めて打つことにより選球眼を磨くためにも効果的な方法です。また、様々な投手を打ち込むことで、適応力を磨くことも期待できます。










今回はバッティングトレーニングについてご紹介しました。

バッティングフォームには多数のポイントとコツがあり、習得するのは簡単ではありません。

しかし、ポイントを意識した練習を地道に繰り返すことで少しずつ上達していきます。

自分自身のフォームを撮影して研究したり、好きな野球選手のフォームを真似てみたりしてモチベーションを上げながら、日々の練習を頑張ってください!


Fatal error: Uncaught Error: Call to a member function have_posts() on null in /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-content/themes/wakkuon/singular.php:121 Stack trace: #0 /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/wakkuon/w...') #2 /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/index.php(17): require('/home/wakkuon/w...') #3 {main} thrown in /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-content/themes/wakkuon/singular.php on line 121