YAKYU-DACHI YAKYU-DACHI

はじめての草野球「草野球だけのルール」

2020.11.26

草野球はプロ野球と違い、特別なルールがあるのをご存知ですか?
その違いは、プレーをする場所が異なるということだけではありません。

今回は草野球を始めたばかりの方に、草野球だけのルールをご紹介します。

①試合時間制限とイニング数

プロ野球は時間制限がなく、定められたイニング数によって試合の打ち切りが決まります。それに対し草野球は、試合時間が90分と規定されていて、イニング数は7と決まっています。

90分を超えた場合はその時点で得点の多い方を勝利とし、7イニング時点で勝敗が決定します。

プロ野球に比べてスピーディーな試合運びで決着が着くので、集中して楽しむことができると言えるでしょう。





②コールドゲーム

プロ野球ではコールドゲームの規定はありませんが、草野球では10点差が付いた時点で即コールドゲームが成立します。

対戦相手との実力に差があると、1回の時点で勝敗が決まってしまうということも十分にあり得ます。






③ボール

草野球では軟式ボールを使用します。

また、プロ野球では禁止されている金属バットの使用も認められています。





以上、草野球だけのルールについて紹介しました。

尚、連盟や大会によっては、ユニフォームやチームの編成等、他にも特別なルールが定められていますので、それぞれの規定に則って草野球を楽しんでください!



プロ野球と草野球との違いについては別記事でも詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。


プロ野球とはここが違う!草野球ルールまとめ