はじめての草野球突然の人手不足に!助っ人の頼み方's image

はじめての草野球突然の人手不足に!助っ人の頼み方

草野球を運営している方にとって、最も避けたい事態が人手不足。

せっかくグラウンドを確保し、対戦相手も決まったのに、様々な事情で試合直前にキャンセルするメンバーが出る場合も少なからずあることでしょう。
追加参加者が見込めず試合人数が足りない場合は、助っ人探しをすることになります。

今回の記事は、助っ人の見つけ方について触れていきます。




友人・知人を通じて探す



助っ人を探す際には、大前提としてチームの正式メンバーの参加人数を確実に把握しておきましょう。
その上で助っ人が何人必要かあらかじめ確認し、ダブルブッキングも避けるためにも、チームメンバーで誰が誰に当たるかしっかりと相談してから探し始めましょう。
まず助っ人探しで一番に思い浮かぶのが、友人やメンバーの知り合いに声を掛けることです。
ある程度面識がある方であれば、頼むのも難しくないでしょう。

また、それがきっかけでチームに入部してくれることもあるかもしれません。
その方が他の草野球チームに参加している場合、早めに声を掛け、スケジュールのブッキングがないように注意することが大事です。

また、その方が普段草野球をしていない場合は、ドタキャンの可能性も想定して助っ人集めをするとよいでしょう。




インターネットで募集をする


草野球では、チームに属さず助っ人での参加をメインとしている方がいます。
そのような方は、ネット上の助っ人募集をチェックしていることが多いです。

以前の記事でネット上でのメンバー募集や、対戦相手募集を紹介しましたが、助っ人の募集も同じように可能です。
今までにご紹介したサイトもありますが、以下参考にしてみてください。


■草野球公園 3番地




■LaBOLA




■ロッカールーム




■ジモティー




<ネットで助っ人を募集する際の注意点>



ネットの場合、不特定の人を募集することになるので、ミスマッチを防ぐために、チームの情報は詳細に記載しておく必要があります。
募集する側もそうですが、応募する方からしても不安があります。

自チームの情報やどの程度のレベルの助っ人を希望しているかなど、きちんと詳細を記載することで、少しでも印象を良くして、応募しやすくしておく必要があります。

具体的には以下のような情報を記載しておくとよいでしょう。


◆自チームの情報

・野球経験者の人数
・優勝などの実績の有無
・所属している連盟
・チームのサイトURL



◆募集条件

・年齢制限
・住んでいる地域
・チーム所属者または野球経験者 など、どの程度のレベルの助っ人を募集しているか


その他に、トラブルを避けるためにも、募集する側が提示する具体的な詳細を載せておくとよいでしょう。

例えば、
・交通費は出すのかどうか
・参加費は必要かどうか(助っ人に負担してもらう費用があるかどうか)
・試合会場の駐車場の有無
・待遇について(食事やドリンクの提供はあるか)

などです。

このようにできるだけ詳しい情報を記載することで、応募する側の印象を良くし、同時に募集する側が求めている人材に近い助っ人を見つけることができます。



他のチームから派遣してもらう



以前に対戦をした親交のあるチームに、助っ人を派遣してもらう方法があります。
どれだけ経験のあるチームでも、よほどメンバーが充実していない限り、助っ人をお願いした経験があるでしょう。
そのため、助っ人の派遣については理解があり、寛容的なチームがほとんどです。

日頃から試合の際は、しっかりとマナーを守り、対戦相手との交流を大事にしておくことが、いざという時に自チームのピンチを救うことに繋がります。
他チームに派遣をお願いした際の注意事項は、試合後は来てくれた助っ人の方と、チームの代表者にも丁重にお礼を伝えることです。

そして、もし逆にそのチームから助っ人の依頼があった場合は、快く派遣をしてください。




まとめ



いかがでしたでしょうか?
今回は助っ人募集についてご紹介しました。
助っ人を探す際に大切なのは、

・時間に余裕を持って探すこと
・普段から人脈を広げ、他チームとの交流を大事にしておくこと
・助っ人への気配り、感謝を忘れないこと

です。

また、公式戦や私設リーグでは助っ人が不可であったり、人数制限がある場合があるので注意してください。

できれば正式メンバーだけで毎回試合できるのが望ましいですが、もし助っ人集めが必要な際には参考にしていただけたら嬉しいです。


Fatal error: Uncaught Error: Call to a member function have_posts() on null in /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-content/themes/wakkuon/singular.php:121 Stack trace: #0 /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/wakkuon/w...') #2 /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/index.php(17): require('/home/wakkuon/w...') #3 {main} thrown in /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-content/themes/wakkuon/singular.php on line 121