Column コラム

理想のユニフォーム 昇華シャツをオーダーする こだわりカスタムを徹底解説's image

理想のユニフォーム 昇華シャツをオーダーする こだわりカスタムを徹底解説

野球のユニフォームにおいてオーダーメイドをする醍醐味はズバリ、カスタマイズ製作が可能な事です。
最近多く見かけるようになった迷彩柄などカジュアルな要素を取り入れた「昇華タイプ」のユニフォームでもカスタム可能な内容が満載です。

実際、オーダー昇華シャツではどれだけ自由度あるカスタムができるのか?
どこまでこだわりのカスタムを追求できるのか?

せっかくのオーダーメイドを楽しみつくすための、
トコトンこだわったオーダーの仕方とそのポイントを解説します。

昇華タイプの特長

昇華タイプの大きな特徴は生地に直接プリントをするので、製作するにあたりデザインの制限がなくほとんどのデザインを再現する事が可能です。
また、特殊なプリント加工により生地の機能性(吸水速乾性)を損なうことなく軽量であること。
そして、どこに何カ所でもマーキングを入れても価格に一切影響しないコストパーフォーマンスが高いなど、メリット尽くしの現代スポーツユニフォームを代表する加工スタイルです。

自由度抜群のカスタムスタイル

ワックオンのオーダーメイドはこだわりのカスタム内容が充実しています。
自分流にカスタマイズして本当に欲しい昇華タイプのベースボールシャツを追求しましょう。



こだわりのカスタム方法 ①デザイン

ワックオンデザインナー


デザインの再現性に長けた昇華タイプのこだわりは何と言ってもどこまでオリジナル性のあるデザインを追求できるか
チームのモチベーションが上がるデザインを追求できるか
ライバルチームに差をつけるデザインを追求できるか
このようなわがままなデザインを追求できる事が可能なのです。


デザインカテゴリーを見比べてカスタマイズする

ワックオンのデザイン紹介はただ種類を並べて紹介するのではなくデザインテーマをカテゴリー別にまとめる事で
デザインのコンセプトやディテールが明確で見やすくわかりやすい紹介になっています。

・ストライプデザインにグラデーションをアレンジしてみる
・無地のシャツに対して袖部分を迷彩の柄に差し替えてみる
・デザイン紹介に掲載されていないお好みのカラーアレンジに変えてみる
etc お客様のアイデアにお応えします!

ボーダーグラデーションデザイン
ストライプデザインイラスト
袖迷彩デザインイラスト

ワックオンのデザイナーにアレンジ依頼をして頂ければこのような自分好みのデザインをカスタマイズすることが可能です。

デザイン修正3回まで、無料対応ですので 自分流のデザインにカスタムしてライバルチームに差をつけるカッコイイのユニフォームデザインを作りましょう。






イメージ通りの発色か? 再現色をカスタマイズする

デザインをお見せするイラストと昇華プリントの完成品の色の発色は多少異なるケースがほとんどです。
また、配色の内容によっては多少の解釈を超えたギャップの仕上がりになるケースも避けられない場合があります。
それは、決してメーカーの不備だけが原因とは言えない経緯があるのです。

少し専門的な説明となりますが、ワックオンからのデザイン提出はJPGやPDF形式で保存されたデータで
ユーザーがデザインを見るデバイスはスマホやPCでデータを開いて確認します。
その時の画面から見る発色が赤・緑・青の3つの原色を混ぜて加工混合したモニターやデジカメのデータなどに利用される「RGB」と発色方式です。

しかし、昇華プリントを加工する際に使われるカラーデータはシアン・マゼンダ・イエロー・ブラックで構成される印刷などに使われる「CMYK」発色方式に代わる事が原因です。

ワックオンでは発色の再現に誤解を招かない為に29色の定番カラーを管理しています。
そして、基本的にこの29カラーを使用してデザインを作っています。

イラストに対して実際の発色を見たい方には実際にプリントしたカラーチャートをお貸ししています。
(9着以上のオーダーチームが対象となっています)


この発色を基にもっと明るく、鮮やかになど自分流のカラーをアレンジしてカスタムして頂くことが可能です。






価格のメリット マーキング付け放題

昇華イラストデザイン

プリント加工なのでどこに何個マーキングを付けようが製品価格は変わる事はありません。
袖のマーキングや前番号などが付け放題です。
背番号だけでなく前番号を付けてパーソナル性の高いユニフォームにレベルアップが可能です。



*デザインの注意点
昇華タイプのユニフォームはどんなデザインでも再現が可能なのが優秀な点ですが、
なんでも可能だからと言ってデザイン要素を詰め込み過ぎて完成品が派手過ぎて着るのが恥ずかしい(💦)
なんてことにならないようにしっかりと客観的に完成品のイメージをしてデザインの監修を行ってください。




こだわりのカスタム方法 ②ボタンスタイル


一般的な6ボタン(オープンスタイルとも呼ばれます)と2ボタンのスタイルから選べます。
スタンダートな形状の6ボタンに対して2ボタンは軽快でカジュアルな印象を演出します。
同じデザインのユニフォームでもボタンのスタイルが異なると全く違う印象となります。
野球っぽさを演出したスタンダード6ボタンスタイルにするか
軽快でカジュアルなイメージを演出した2ボタンにするか

ボタンスタイルのカスタムもユニフォームのデザインに大きく影響していきます。





こだわりのカスタム方法 ③生地の選択

昇華タイプはプリント面の柄が主役であって生地本来の柄(生地目)にはほとんど着目されることはありません。
「どうせプリントされるのだからどれも同じだろ」
と思われがちではありますがワックオンのこだわりオーダーでは
昇華タイプの生地もとことんこだわりのカスタムをしてもらえるように
昇華タイプ用の生地も充実させました。

左が昇華プリントしたクールナイン
右は先染め(刺繍用)のクールナイン
印刷時に熱とプレスで生地を圧着させます。










スタンダードで一番人気 「クールナイン」

刺繍タイプでも使用されるオールラウンドに対応した定番生地です。
生地の厚み(重量)が170g/㎡で年間を通して着用するユニフォームとして丁度良く、
昇華プリントの再現性も相性が良く人気が高く、生地を迷っているチームには真っ先におススメしている昇華用の定番生地です。


「クールナイン」に軽量版が登場 「130クールナイン」

クールナインと同じ織生地で更に軽量化させた130クールナイン。
生地の重量は130g/㎡と40g程度の違いですが製品を比べると確かな軽量感を実感します。

生地表面の織目、そして発色やプリントの再現性はクールナインと全く同じです。
より軽いユニフォームを希望されるチームにおススメしています。




軽さを追求する方向け 最軽量「ATB-100」

ATB-100 の接写
クールナインよりも織目が細かいです


生地重量100g/㎡。
軽さを追求する方向けの最軽量生地です。

生地の織目はクールナインよりもきめ細かくプリントの柄の再現性も繊細です。

パッと見、目視では違いに気づかないかもしれませんが生地の触り心地や着心地が異なってきます。
これぞ、こだわりのカスタムと言えると思います。





こだわりのカスタム方法 ④袖の長さをアレンジ

袖長アレンジ比較画像

最近、プロ野球で袖長にアレンジしたシャツを着こなす選手をよく見かけるようになりました。
半袖のシャツを見慣れている中、5分丈の袖長シャツは新鮮でおしゃれに見えます。
スター選手ほど個性的な着こなしをするのでよりカッコよく映るのでしょう。
規格サイズに「袖長+5㎝」これが好評のワックオンアレンジです。
やりすぎない、でも充分個性的な仕上がりになっている。
何度も検証を重ねた結果のベストサイズです。
スター選手と同じ袖長のカスタムが可能です。


ワックオンではここまでのオプションはもちろん無料!基本料金の中に含みます。

詳細はこちら

更にこだわるオプションカスタム

ここまでの解説はワックオンのパック価格の予算内でこだわれるカスタム内容の紹介でした。
更にこだわりたい、理想を追求したいという方に用意したオプション内容を紹介していきます。

品のあるカジュアル感をつくる襟ニット加工

昇華襟ニット画像

野球ユニフォームの襟のフォルムはどの製品も同様なフォルムな為、この襟ニット加工を足すことによって斬新感が生まれます。
そして、品格のあるカジュアル感の雰囲気も相まって周りと一線を画す世界観を演出が可能です。
元々カジュアルな雰囲気の仕上がり感の昇華タイプに襟ニットの相性は見事見ハマり、試合後の「街着」にも似合うほど完成度が高くなります。 華やかなデザインが得意な昇華タイプのユニフォームは低価格のメリットも相まって人気です。





バイタリティー溢れる華やかなデザインの野球ユニフォームが主流になる時代は既に到来しているのではないでしょうか?
皆さまのユニフォームも明るく楽しいデザインにしたらスポーツの草野球から「エンターテイメント」へ昇格していくのではないでしょうか。

「野球ユニフォームとはこうであるべきだ!」
そんな古い考えは脱ぎ捨てて、斬新かつ自分達らしい新しい発想のデザインのユニフォームでライバルチームに差を付けちゃいましょう!