Column コラム

オーダー野球ユニフォームは試着が必要な訳's image

オーダー野球ユニフォームは試着が必要な訳

最近では身の回りのほとんどをネットショップで購入する方が多くなっています。
アマゾンを筆頭に購入ボタンをタップすれば翌日には手元に届くサービスレスポンス利便性が日常化しています。

私共「ワックオン」もECサイトの店舗で野球ユニフォームを販売するスタイルを行っております。
そして、ECサイトからお問い合わせ頂いたお客様へ大切にしていること・心がけていることは「安心・信頼」です。

オーダーメイドの野球ユニフォームは市販品でよく見かける製品とは異なり自分たちのオリジナルデザインやどのようなスタイルにするのか検討も必要です。

特にチームオーダーとなるとチームのユニフォーム担当者が責任をもってメーカーと向き合わなければいけません。
チームのお金を預かる責任のある担当ですので安心して任せられる信頼のできるメーカーにお願いしたいものです。





実際に実物を見ないと不安


「実物を見ないと不安」「どのような生地なのか確認したい」「完成品のクオリティーを見たい」
一番多いのがこのような意見です。
当然と思う事ですがECサイト販売では対応している会社はあまり見かけません。

「本当にサイトに掲載されているような製品ができるのか心配だ」
「届いたユニフォームが不良品にならないか心配だ」

そのように不安になる気持ちはよくわかります。






スポーツユニフォームはサイズが重要


走ったり、ボールをキャッチしたり野球をプレーする上で様々な動きや姿勢が求められます。
ユニフォームがきつく動きを妨げる原因になったり、ブカブカであったりフィット感の不備が原因でパフォーマンスの妨げになることは本末転倒です。

また、大き目の着こなしや、フィット感重視の着こなしなど自己流にお気に入りのサイズを求める方も多くいます。
実は、各メーカーの規格サイズは同じではありません。
大きな差があるわけではありませんが数センチの前後はあっても不思議ではありません。

完成品のフィット感が不本意な結果にならないように事前の試着をしておくと安心ですね。






ワックオンの試着サービス


ワックオンは試着を推奨しています!
「試着お試しとは」

自分の体形に合ったユニフォームでなければベストのパフォーマンスはできません。
どんなにデザインにこだわっても製品自体のクオリティーどんなものだろう?
現物を見ないで発注するのは心配ですよね。
例えば、刺繍・昇華・三冠王 3スタイルのユニフォームは使用する素材が異なります
ワックオンの「試着」貸し出しサンプルを実施、どんなユニフォームなのかを実際に試着して頂けます。
現物の生地を見て選べる、製品クオリティーを確認できる、実際の生地カラーを見て選べる、試着をしてサイズを決める、そこ迄確認できれば安心して発注できますよね!
是非ワックオンの「試着」貸し出しサンプルをご利用ください!





貸出しの対象条件


誠に恐縮ですが、貸出しには条件がございます。
チーム(9着以上)が対象となります。

8着未満の方は貸出しを対応しかねますご理解ください。
*8着未満でも事務所にご来社のお客様は試着の対応をしております。





貸出しの規定




・貸出しの期間は原則として到着後10日間までとさせて頂きます。
手数料は無料。送料はお客様がご負担ください。着払いで配送致しますのでドライバーへ送料をお支払い下さい。返却時はお客様の元払いで出荷のご手配をお願い致します。
・期間内に返却がなかった場合や貸出し品に破損・汚損があった場合は下記金額を請求させて頂く場合がございます。

シャツ   1着5,000円
パンツ   1枚3,000円
キャップ  1個3,000円

お取り扱いには十分にお気を付けください。












現物を知ったからこそカスタム内容が明確に理解できる


想定では理想のユニフォームがイメージできているのだが実際はどこまでできて、
どのような仕上がりになるのか?
想像だけではカスタムも不安です。

実物サンプルを試着できるのであれば流行りの袖長スタイルを何センチ伸ばすのか?
ビッグシルエットの着こなしはどのサイズを選べばいいのかなど実寸のレベルで検証ができるのでサイズカスタムが可能です。





チームオーダーならば試着サービスを試す事にどれほど必要性があるのか理解して頂けたでしょうか?

現物を見るまで不安だった野球ユニフォーム特有のスタイル
「刺繍」「昇華」の違い
パンツのスタイル
キャップのツバスタイル/アジャスターの可否
何よりも生地の種類は画面上だけでは質感などが伝わりません。

メーカーのクオリティーもしっかり確認できるのも不安を払拭する必要な要因です。

チームオーダーであればしっかりと試着を試して後悔の無いサイズ選びをしましょう!