Column コラム

オーダー野球ユニフォーム 製作の流れ 届くまでのリアル's image

オーダー野球ユニフォーム 製作の流れ 届くまでのリアル

今や一般的になったECサイトのネットショッピング。
欲しいものが思いたったタイミングで購入できる便利な買い物です。
しかし、現物を確認しないで購入するネットショッピングは時には不安や心配なのも否めません。

特にオーダーメイドの野球ユニフォームに至ってはオリジナルのデザインから始まり生地などの仕様など初めて尽くしのオーダーメイドなので分からない事が多く不安な事もあると思います。
更には何から進めれば良いのかすらわからなくスマホやPCの前で戸惑いフリーズしてしまってはないだろうか?

今回は、そのような不安を解消して安心してオーダーができるように初めての問い合せから完成品がお手元に届くまでの流れ。
そして、野球ユニフォームの生産工程など製作の裏側までを存分に解説していきます。




はじめての問い合せ 

前述で触れたように野球ユニフォームのオーダーメイドは既製品を選んで購入する一般的な買い物とは異なり様々な工程を経緯して完成に至ります。
特に初めて野球チーム結成のユニフォーム担当幹事さんに至っては
・初めて尽くしで何から進めれば良いのか?
・ユニフォームメーカーは何を基準で選べばいいのか?
・どのような仕様にすれば良いのか?
など何からお願いしたらいいのか?何を聞いたらいいのか勝手がわからない方がほとんどです。
デザインが具体的にイメージできている場合はサイトのデザインラインナップやシミュレーションなどからそのままお問合せできるようになっています。

また、まだ何も決まっておらず何からアクションをすれば分からない場合にはまず問合せをしてしまう事をお薦めします。
ワックオンのガイドが丁寧に案内しますのでスムーズに進行ができます。
更にワックオンではLINE対応が充実しています。
レスポンスも迅速でチームメイトへの情報共有もLINE対応の方が利便性も高い為、ほとんどの方がLINE対応を選択しています。




デザインのやり取り


ワックオンのデザインは全てデザイナーが書き下ろしたデザインをご提供しております。
シミュレーションでは再現しきれないチームのマーキングを完全再現した精度の高いデザインです。
デザインシートは「野球カード」を彷彿させるテンプレートになっており完成までの「ワクワク感」を演出しています。

デザインの対応はとてもきめ細かく迅速な対応を心がけており、お客様の望むデザイン作成に長けています。
希望のデザインができる為のヒントやアイデアも提供しています。
①成功するデザインアレンジ
②手書きデザインオーダー
③アレンジの解説 その1  その2





仕様を決める


デザインと同時にユニフォームの仕様を決めましょう。
主にシャツが対象となりますが野球ユニフォームには
「刺繍タイプ」と「昇華タイプ」の仕様に分かれます。
デザインの相性やデザインによって仕様は限られます。

また、ワックオンでは「刺繍」と「昇華」を融合させたスペシャルな仕様「三冠王」があります。
ライバルチームに差を付ける特別なユニフォームの仕様です。

尚、刺繍タイプ・昇華タイプ・三冠王タイプ・キャップ・パンツ
上記、各々確認し決めるべく内容が異なります。
それぞれのガイドを紹介していきます。


刺繍シャツガイド
昇華シャツガイド
三冠王ガイド
キャップオーダーガイド
パンツオーダーガイド











オーダーシートの提出


デザインと生地等の仕様が決まったらオーダーシートを記入して頂きます。
内容は納品先情報、シャツの仕様、サイズ等内訳を記載したものをご提出して頂きます。



9着以上のチームオーダーには実際に試着してサイズ等をご検証頂ける「試着サービス」を行っております。
是非、ご利用ください。




お見積書の発行


オーダーシートのご提出確認後、お見積書を発行します。
内容をご確認頂き、ご了承宜しければお見積書に記載している指定口座へお振込みをして頂きます。
尚、クレジット決済も対応しておりますのでお支払方法を選んで頂けます。

オーダーメイドユニフォームはあなただけの為に作られる製品です。
その為、前金制のご理解を頂いています。




ご入金確認後、製作スタート


さぁ、いよいよ製作スタートです。
納期は通常期約4週間でお届けしています。
(繁忙期5週間の場合があります)

ここから先は野球ユニフォームがどのように作られているかを紹介していきます。





製作風景の紹介


オーダーメイドの野球ユニフォームは既製品で店頭に並ぶ洋服とは製作の背景が少々異なります。
その違いは既製品の場合は同じ柄、同じ仕様の物なので一気に量産生産を行い工程ごとに状況の管理を行います。
ワックオンの工場ではオーダーメイド1着ごとを丁寧に製作してその1着の経過を管理していきます。

まず、在庫から指定の生地を裁断してからシャツ及びパンツそしてマーキングに至るまでの形状をレーザーにて精度の高い裁断を行います。
そして、大きな特徴として前述で触れた1着ごとトレーに入れて工程を経緯して個別管理しながら製作していきます。







昇華プリントの印刷機も工場内に設備されており、仕様書と比較し管理できる環境下で製作しています。




ワックオンは刺繍ユニフォームを得意としております。
実績に基づくクオリティーに自信ありです。


前述に触れた刺繍+昇華のハイブリット仕様「三冠王」は昇華プリントの環境と刺繍機の設備が同居していて確かな技術だからこそなせる最高級仕様なのです。


キャップの製作工程です。
穴かがり迄、繊細な加工を心がけています。
キャップのバイザー(ツバ)加工と仕上げのプレス機です。

ワックオン工場の強みは刺繍シャツ・昇華シャツ・キャップ・パンツ
全ての製品を一貫生産している点です。
製品のパーツに至るところまで自給自足で生産しています。
この一貫生産の体制が繊細なオーダーメイドを対応する為に必要な環境であり、だからこそ成せるクオリティーなのだと自負しています。




検品とお届け

工場からワックオンに到着した製品はワックオンの事務所にて全品検品を行います。
商品管理担当者が1着ごと隅々まで念入りに検品しております。

工場でも出荷前検品を行います。
そして、ワックオンの事務所でも全品検品を行う事で見落としを防ぐ2段階検品体制を行っております。


検品が終わったら1着ごと袋詰めをして梱包していきます。

出荷の便はヤマト便にてお届けしています。
事前に出荷報告をしております。
送り状番号を報告しておりますのでお届け時間等の調整が可能です。



以上、お問合せからお届け迄のリアルを解説していきました。
このコラムを見て、
「なるほど、進行の流れが理解できた」
「試着もできる誠意あるメーカーなのか」
「現場が見れて、信頼できそうだ」
「しっかり検品もしているなら信頼できる」
など、進行の流れが見えて安心につながったのではないでしょうか。


まずはお問合せ頂ければ私共ワックオンがしっかりとサポートさせて頂きます!

一緒にカッコイイ野球ユニフォームを作りましょう!


Fatal error: Uncaught Error: Call to a member function have_posts() on null in /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-content/themes/wakkuon/singular.php:121 Stack trace: #0 /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/wakkuon/w...') #2 /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/index.php(17): require('/home/wakkuon/w...') #3 {main} thrown in /home/wakkuon/wakkuon.jp/public_html/wp-content/themes/wakkuon/singular.php on line 121