Column コラム

1着からでも作れるオーダー野球ユニフォーム そのサービスを徹底解説's image

1着からでも作れるオーダー野球ユニフォーム そのサービスを徹底解説

野球ユニフォームのワックオンにはチームオーダー以外にも5,6着の注文から時には1着の問い合せや注文が多く来ます。
そして、その問合せの内容にはオーダーユニフォームはチームの人数分9着以上からでないと注文を受けてもらえないのでは?
もしくは、9着に満たないオーダーは特注品でとても高価なものになってしまうのではないか?
そのような心配の問い合せも少なくありません。

新しいメンバーが加わった!でも、以前ユニフォームを作った会社が閉店してしまい新メンバーのユニフォームはどうしよう、困った。

そんな場合でも大丈夫!
ワックオンは1着でも100着でもオーダー対応は何一つ変わりません。

今回は1着オーダー大歓迎!ワックオンの小ロットでも変わらないカスタム満載のサービスを解説していきます。



1着のオーダーでも豊富なカスタムができるワケ

ワックオンのオーダーユニフォームは1着でも100着でもカスタム内容は同じです。
補足するならばオーダーメイド製作自体が一人ひとりその人に合わせた1着ごとのカスタム内容で製作を行っているからです。
仮に100着のオーダーの場合でも100通りのカスタム内容となるわけです。



豊富で充実した1着からできるカスタム内容

1着だからと言って「できる範囲で構いませんよ」なんて遠慮することはありません!

・何種類から選べるの?
・カラーバリエーションは何色から選べるの?
・何色まで選べるの?
・さらにアレンジはできるの?

そんなわがままカスタムも大歓迎です!
前述にも触れた通り1着でも100着でも製作過程のプロセスは同じですのでお客様からのカスタム内容のリクエストに対しての対応も同じです。



刺繍タイプのカスタム

ベースボールシャツと言えばまず浮かぶのがMLBを代表するシンプルなデザインでマーキングが刺繍で施されている
「野球らしい」ユニフォームが浮かびます。このタイプはクラシックスタイルとも呼ばれています。
このスタイルは「刺繍タイプ」と呼ばれ、基本的に生地にはプリントなどの柄は入っておらず無地の生地を使用します。
無地の素材をユニフォームとして完成させるには一つ一つのパーツやマークなどを刺繍で加工し装飾させていきます。
完成品させるまでには生地の種類そして装飾など選べるパーツが豊富にあります。
1着のオーダーでもこんなに豊富な種類からカスタムが可能です。
理想のユニフォームを目指してこだわってカスタマイズしていきましょう!




豊富な生地の種類

スポーツメッシュ


シャツのカスタマイズで重要なのがベースとなる生地選定です。
ワックオンの刺繍タイプでは多様な種類からお好みの生地を選べます。
生地それぞれに織目(柄)と機能性が異なります。
同じデザインでも生地が異なれば印象も変わってきます。
先染め生地の発色はプリントでは表現ができないリアリティー感ある製品になっています。

生地の種類そして機能性などの詳細はこちらのコラムで詳しく解説しています。
【こだわりの醍醐味!生地の選び方】

シャツにとって生地は要で重要です。
充分に検討してこだわりの生地でユニフォームシャツをカスタマイズして下さい。




マーキングも表情をカスタムできる

マーキングにはツヤタイプとケシタイプを用意しています。
デザインの配色をトータルバランスで図りツヤかケシのどちらかを選ぶことが可能です。
同じデザインのマーキングでもツヤかケシかで全く印象は異なります。


刺繍糸本来の妖艶なツヤタイプ

野球ユニフォームのマーキングとしては最も一般的なのが高級感たっぷりのツヤタイプです。
前述に記した通り、刺繍タイプは先染め加工で光沢感が低いニット生地となっています。
その為、生地のマット感に対して刺繍マーキングの艶や照りのあるツヤタイプの相性が良いとされています。
ワックオンのお客様もほとんどのチームがツヤタイプを採用しています。




クールな仕上がりのケシタイプ


ツヤに比べこちらのリクエストは正直に書くと少数派の状況です。
但し、前述したように決して優劣の結果ではなくツヤタイプの見え方が刺繍らしいので一般的だと言う事です。

実はデザインにこだわるチームからはマーキングをケシの仕様を選択するチームも結構あるのです。
事例を挙げると、ユニフォームの配色が比較的強いビタミンカラーのデザインだったりするとマーキングのトーンを控えめに抑えたい場合があります。
その際に効果を発揮するのがケシタイプなのです。
また、ツヤは高級感の演出に向いていてケシはカジュアル感の演出に向いているとも言われています。

マーキングはチームの顔ですから、艶消しの表現もこだわってカスタマイズしていきましょう。




現行品のレプリカ対応

「新メンバーが加入したけど今着ているユニフォームを作ったお店が閉店してしまった💦どうしよう」

ご安心ください!ワックオンでは現行レプリカ作成の対応をしております。
チームのマーキングをトレース加工して、今着ているユニフォームと同等のユニフォームを製作することが可能です。
これなら、安心して新メンバーを迎え入れて試合を行うことができますね!




1着でも安心の納期とコストパフォーマンス


オリジナル製作の1着オーダーは対応不可のメーカーは少なくありません。
また、注文は受け付けているが価格が倍以上でとても高価で更に納期の確約ができないなど
なるべく受け付けたくない意向がヒシヒシと伝わる対応だったり、肩身の狭いオーダーのイメージだったりします。

ワックオンのオーダーユニフォームは1着も9着もそれこそ100着も納期の区別はありません。
全て共通の発注後約4週間でのお届けです。
(*繁忙期など変動する時期があります)

そして、価格についてですが
ワックオンのオーダー価格は数量によって3段階の価格設定です。


前述では1着も100着も同じ条件と記しております。
その真意は変わっておりませんが
流通経費やデザインから製作にかかる固定費は1オーダー共通の為、
その経費を数量で分散させ、数量が多ければ軽減し少なければ相応に含まれるというワケです。

この差額についてはあくまでも固定原価と認識して頂き、オーダー数量によって3段階価格とさせて頂いています。




ベースボールスタイルファッションはどのシーンでも合う!

そもそも、ベースボールスタイルのシャツを着るのは野球に限ったシーンだけではありません!
カフェなどの飲食店のユニフォームとして個性的でセンスのある演出が図れるほか
プライベートではアーティストのコンサートに着ていくライブウェアとしての需要も少なくありません。
ファン仲間と一緒に作ったライブウェアを着て挑むコンサート鑑賞は一体感を生み一層盛り上がる事でしょう!




一昔前は60歳の還暦を迎える方へお祝いの「ちゃんちゃんこ」はもう昔の話です。
今の60歳は若々しい方ばかり、ベースボールスタイルシャツにアレンジした仕様のケースも多くあります。

更にはウェディングパーティーの2次会に新郎新婦 お揃いのベースボールシャツで手作り感とアットフォームなパーティーも好評です。


このように、ベースボールスタイルはアレンジ次第でどのシーンにもマッチするウェアとなります!
プライベートのファッションウェアとしても素敵なシャツができるはずです。

総合スポーツウェアメーカーとしての一面もあるワックオンは自由な発想で皆さまが満足でき、ワクワクできるようなスポーツウェアを作ってまいります。
皆さまのアイデアでワクワクするベースボールシャツを作りましょう!