Column コラム

野球ユニフォームカタログ カラフルなデザイン特集【近代スタイル】's image

野球ユニフォームカタログ カラフルなデザイン特集【近代スタイル】

昨今の野球ユニフォームのデザインはシンプルなものから華やかなデザインなど多種多様で豊富なデザインに溢れています。
時代の流れで新しいものが生まれるように、野球ユニフォームのデザインでもその時代を象徴するデザインが存在します。

インパクトがあったのは「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」にてテレビ観戦で印象に残ったのが原色を大胆な配色したカラフル世界各国の代表ユニフォームでした。
以降、原色をカラフルに配色したユニフォームは草野球でも浸透していきました。


今回はカラフルな原色を組み合わせ配色した元気が出る「カラフルユニフォーム」を集めた
ワックオンカテゴリー「近代スタイル」カタログの紹介と解説です。





【近代スタイル】とは

原色×原色やカラフルな配色の組み合わせる事でカラー使いを豊かにし、色が持つパワーを前面に表現したビタミンカラーユニフォームです。
色使いを進化させた華やかで元気の出るカラフルなユニフォームと言えます。

尚、WBCで各国代表ユニフォームとして採用したカラフルなユニフォームが多く登場して以来、一般のユニフォームデザインとして浸透してきました。






【近代スタイル】デザインラインナップの紹介

①身頃と袖部分の配色切り返しパターン

主に身頃のベースカラーに対し袖のカラーを切り返したレイアウトのデザインです。
一概に袖と言っても多種多様の切り返しパターンが存在します。
①肩部分
②脇部分
③上腕部分
など、様々な部位に分かれその繊細なパターンは印象が異なります。












②身頃・脇部分の配色切り返しパターン



こちらの特徴は身頃の脇部分にアクセントを付ける事によって着用時に両端の配色が胴体の脇部分にまわりこみ、横から見た時にデザインの印象が異なって見える事です。

プレーヤーの動きで正面・横・後ろから見るユニフォームの印象が変わり躍動感を感じデザインとなります。









③身頃・袖 ミックス 切り返しパターン


身頃と袖部分など様々な箇所をミックスさせた切り返しパターンです。
使用するカラーは3色以内に抑え統一感を感じさせる配色にデザインすることがポイントです。

ピンストライプのユニフォームもアクセントカラーを切り返しデザインする事でより一層印象的なデザインに変化します。











今回は、配色を特化させたデザインコンセプト「近代スタイル」を紹介しました。

ビタミンカラーのカラフルなユニフォームは着るだけで元気が出そうです。
白いユニフォームが多い球場で、ひと際目立つ発色の近代スタイルのユニフォームでライバルチームに差を付けようではありませんか!

カッコイイユニフォームを作りましょう!